#74)今年度最後の赤羽会を開催したよー!飲み会って無駄なんかじゃないよ!


FROM:小松一樹

うん。喉が痛い…。風邪かもしれない…。

さて、今年度最後の赤羽会を先日開催しました。
今回の参加者合計は8名!来てくれた人ありがとーーー!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-21-17-56

↑これ、一次会じゃ物足りず二次会ね。

飲み会で8名って少ないと思います?でもね。この規模感が凄く重要。

まず考えて見て欲しいのは、社会人でよくある男性6000円女性4000円ぐらい搾取する100名規模のパーティーって場所。200名です!300名です!とか規模感を無駄に競ったりしてるけど、どれだけ出会いを大切にできるのかと思うともう運命の人を探しに行くレベルですよね。

(ちなみに、そういうパーティーでいい出会いがないわけではなくてポイントは隅っこの方で3,4人でコソコソ話している身だしなみのいい人に全力で話しかけることが功を奏すらしいです。話している内容のレベルが違うとか違わないとか…)

これは自分だけの経験かもしれないけど、結構その手のパーティーはビジネスマンが多くて何かを売ろう売ろうとしているのが凄く伝わる。全然面の皮じゃん。仮面被ってんじゃん。
少し落ち着いて考えて見たけどそれってどれだけ繕っても伝わっちゃうもんなんですよね。

結局、本音で話すことって大事なことで赤羽会では何でこの会をやっているのかとか、自分たちがどんなことをしたいのかっていうのを隠さず話してます。もちろんそれで凄く共感してくれる人もいれば私には理解できない…って人もいるだろうけどそれはそれ。

来てくれたことに対して少しでも行って良かったと思ってもらえるようにしています。(実際価値を与えているのは赤羽のコスパなんだけど。赤羽アザす。)

で、やっぱりこの赤羽会を通してこんなことを思ったんです。

(って呟いたけどこれって自分にブーメランでどんだけ思えているのかどれだけ行動出来ているのかって思うと頑張らないかんなと思います。)

元々赤羽会のコンセプトはこれで、社会人になるとどうしても家と会社を往復するだけの毎日になりがちで本当はそれがちょっと嫌だって人に対して家と会社以外の場所を作ろうっていうのが始まりでした。

主催側がパラレルキャリアという働き方に興味があって、会社以外の活動を自発的にすることで人生が面白くなったり、人脈が増えたり、収入が増えたり、相乗効果で本業が楽しくなって来たりするので強制もしないけど興味あるなら何か一緒にやらん?って感じで、

じゃあ、みんな働き方に対してどんなこと考えてんのかな?とか、将来に対して何かしてんのかな?とかどんな毎日過ごしてんのかな?みたいなことを知りたいよねってことで深く話せる少人数制にしています。

少ない人数だからこそ真剣な話が出来たり、参加者全員と仲良くなることが出来る。お酒の力も味方するから本音で話してくれるし自分も本音で話せる。そうすると〇〇さんはこんなことに興味があるからこの人と合いそうとか、もし何かのイベントを企画して集客に困ってたら赤羽会に参加してくれた人たちに声を掛けることも出来る。

だから本音で話せる飲み会っていいよね。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-22-44-54

コミュニティと言えるまで凄くはないけど、小さな集まりでも強いと思います。小さな繋がりをたくさん増やそう。

深いところまで突っ込まないけど、程よい距離感で本音で話せる場所をこれからも継続して開催していきたいですね。次回は新年会!集まるといいな…。

ps.自分は情熱人間なのでついつい話が熱くなり、、、そうするとお酒もガンガン行ってしまい、、、。飲みすぎるという有るまじき事態を引き起こしました、、、。お酒は自分のペースでほどほどに。

pps.

▶︎Twitterでコソコソ思ったことを呟いてます。良かったらフォローしてください^^

Twitter→コチラから

▶︎毎月一回東京の赤羽で社会人同士で飲む「赤羽会」という飲み会を主催しています。募集情報などの問い合わせはコチラから 

▶︎赤羽会の詳細はコチラから

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする