#95)あなたがやるべきことは「できることを増やすこと」ただそれだけでいい。


FROM:小松一樹

仕事の他に自分の好きなこと・やりたいことを形にして収益化を目指したり、社外活動によって本業の方にもいい影響を与えたい・人生を楽しみたいと思っている方にとってパラレルキャリアという働き方は最適ですが、パラレルキャリアを始める前にあなたの強みを理解したり、あなたのできることを明確にしてみることはとても重要です。

しかしここで多くの方がぶち当たる一つの壁があります。それが自分には何が出来るのかわからないということ。

そして、どうすればいいのか?何から始めればいいのか?何をすればいいのかわからないとうループに入ってしまいます。

私も何か自分が本当にやってみたいことをしたいと思っていましたが、実際のところ何をしようか・何が出来るのかを探らずに過ごしていました。

よくありがちなのが、このループの時期にMLMやすぐに儲かる系のビジネスを始めてしまい、消耗してしまうことです。(もちろん、どんなビジネスも真剣に取り組み楽しめば結果は出ます)

images (1)

固定概念の会社員思考の人がいきなり違う世界に入ったり、営業経験が全くないのに弱いメンタルで挑んだり、、、。最初は相乗りであったり出来る人と組むのがいいのですが、、、

で、諦めてします。

ビジネスは結果の世界でもあり私の経験上ですが、何か結果を残す人の共通点として「継続力」と「問題解決力」があるのではないかと感じています。

働き方創造Laboの2017年のテーマでもあるベストセラーとなった本、GRITやり抜く力の著書の中でも成功法則に継続力を取り上げていて諦めずに泥臭く淡々とこなせる力は結果に大きく作用するとあります。

想像してみてください。

・何かひとつ決めたことを淡々とこなすことが出来るでしょうか?
・結果がすぐに出なくても諦めずに続けるメンタルがあるでしょうか?
・周りの人がうまくいっているのを横目にブレずに続けることが出来るでしょうか?
・何か問題が起きた時にそれは何が原因で起きてどう解決すればいいのか分析できるでしょうか?

エクササイズが必要ですよね。(少なくとも私は必要です。)

行動していると起きることあるある

「でも行動はしているよね」

確かに、何かビジネスを始めようと休日をアポイントに使ったり行動することは何もしていないよりはマシですがそこに使命感や情熱が無ければ物足りなさを感じるでしょう。
間違った行動をしても結果には繋がりません。なので、それを修正してくれる人というのは重要です。

そして出来ることを増やす活動をしていると必ずと言っていいほど否定、批判して来る人がいます。そんな人とは関わらないこと。
そんな人たちと関わるとドンドン疲弊してしまいせっかく前向きに行動できているのに周りの目が気になって行動できなくなってしまいます。

あなたは進歩しようとしているのですから周りの目は関係ありません。

だからと言って我流にやるのではなく、あなたの尊敬できる人、信頼できる人からのアドバイスは素直に聞くべきです。成功の秘訣の一つは素直さです。

どうするか考える→やってみる→問題原因解決をする→アドバイスをもらう→やってみる

↑もしあなたがこのようなサイクルを回せる環境にいるとしたらフル活用するべきです。

なぜできることを増やすことだけでいいのか?

パラレルキャリアとして活動していくために一番必要なもの。それは自信です。
自分にはこんなことが出来る、こんなことに成功した、誰からも凄いと言われるものを持っている、、、など、自信を持てるようになると自分のやることには意味があるんだ。と意欲が湧くようになります。

実は相談ごとの大多数の解決策は自信をつけさせてあげて背中を少し押してあげることなんです。

そしてこの自信はどうすれば付くのかというと出来ることが増えることで成長していきます。
それがたとえ素人レベルだとしても、今まで出来なかったこと・普通の人はそれが出来ないことが増えていくと色々なVISIONが浮かんできます。

何かの体験を軸に成功の秘訣や達成方法を教えるでも企画になりますし、出来ることをドンドン磨いてお金に変換することも出来るようになります。

そして、出来ることというのは何でも我武者羅に、、、というわけではなく、あなたのビジネスとして将来的に繋がりそうな人に対して出来ること。つまり、価値を与えたい人に対して響く出来ること・実績を身につけるように考えてみてください。

スクリーンショット 2017-01-28 13.08.49

そしてここでのポイントは何かひとつを決めてそれだけに出来るだけ集中することです。
人間なので様々なことが目移りしてしまい「あれも欲しい、これも欲しい」と色々なことに手を出してしまいますが(私も新しいもの好きの性格なので面白そうなことは見切り発車してしまうタイプ)結論を言うと結局どれも中途半端な能力で終わってしまうことがあります。

例えば、、、

・お客さんに商品の良さを伝えるためにセールスライティングのスキルが欲しい!

・会計の勉強をしなきゃ!

・集客力を身につけなくちゃ!

・営業力を高めないと!

・マーケティングを勉強しないと!

確かに、これらのスキルは必要かもしれません。
アウトソーシングするにしても、あなたが全く何の知識もないまま頼むのはリスクが大きいしお金もかかります。

でも、全て100%整える必要はありません。言ってしまえば20%ずつぐらいの最低限出来るようになっていればOKです。

あとは一つ一つ磨き上げていけばいいのですが、0の状態でビジネスの世界に飛び込む人が多いのもまた事実です。

つまりなぜ、できることを増やすだけでいいのか?それは、まずはあなた自身が自信を持てることを見つけることによって一歩を踏み出しやすくするためです。

まとめ

いかがでしたか?
出来ることを増やす。←言葉にするのは簡単ですが、実際にやってみると意外と難しいものです。何かが出来るようになるということは結果として現れます。数字として明確に現れることもあるでしょう。

でもその為に必要なのは何かを継続すること。
継続は力なり。という言葉がありますが、一夜にしてお城は建ちません。コツコツコツコツの積み重ねです。

ではその継続するための秘密、、、。その秘密をワークを介して知れる情報が↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2/26(土)15:00より、TOKYO PRODUCERS  HOUSE(プロハ)にて、著書「GRIT〜やり抜く力〜」の本を活用してワークセミナーを開催します!

スクリーンショット 2017-01-30 22.13.56

★このような方にオススメのセミナーです★

・いつも目標を立てるのに達成することができない
・継続力がなくて途中で諦めてしまうことが多い
・継続するためには何が必要なのかわからない
・的確な目標設定が苦手

もし少しでも興味を持たれた方は内容についてイベントページをご確認ください。
↓↓↓
GRITセミナー

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする