#39)【プライドを捨てるか将来を捨てるか】学生にあの人イタくね?と思われてたかもしれない半年間。


FROM:小松一樹

自宅より、、

、、、っていうのは大げさすぎるかもしれないけど、私は上京した2013年の半年間、人の目も気にせずに結構集中して取り組んだことがあります。

上京するまでは別に普通の生活が出来ていたのかもしれませんがこのままじゃマジでヤバイ。人生絶対詰むっていう危機感が半端なくてどうしたらいいのかわからないけどとりあえず上京しようみたいな感じで出てきたんです。

で、今まで全く興味のなかった経営の分野を勉強し始めました。なんでかって言うと、静岡にいた時もこれからはインターネットビジネスの時代だ!!なんて燃えて高額商材買ってみたり、東京のセミナーに参加してみてはいたものの全くうまくいってる感覚がない、、、。

そういう情報を集めるとアンテナが変わるからなのかお決まりのたこ焼きパーティーに誘われて結局アムウェイやらないか?自由な生活を手に入れることができるぞ!みたいな勧誘ばっか受けてたんです。

(興味ございません)

まあ、あと一押ししたのは経営って凄く難しいイメージがあったけど実際に軽く触れてみると現実社会とリンクしまくりで結構面白かったからなんです。

で、最初の半年は結構周りの目も気にせずに我武者羅にやってたんです。それは過去の自分の生活とおさらばしたかったからです。

上京前の給料
IMG_0534

これ、25歳の時で残業を33時間してこの金額です。もし残業しなかったら、、、。
田舎だったので車の所有は必須で維持費がかかる上に生活費なのでとても満足いく生活は送れませんでした、結構お先真っ暗です。

で、最近、部屋を掃除していたら上京当時の手帳が出てきました。

IMG_0554

結構自分でもまだ持ってたことに驚いたんですが、こんな感じでエビデンス(証拠)を残しておくって本当に大事なことです。

どれだけ自分が1000万稼いでるって言うよりも周りの100人から本当にあの人は1000万稼いでるって言ってもらった方が信憑性が上がりますよね。むしろ10人ぐらいでも十分信憑性は上がります。

で、私は将来のためにプライドを捨てました。というのも経営を学んだ環境は優秀な学生がほとんどで例えるなら一つの部屋に20歳から22歳までの学生が100人くらいいてその中に26歳の私が一人だけ、、、みたいなイメージ。

結構辛くないですか?学生に教えてもらうわけです。でも私は不思議とそんな変なプライドはなかったので結果的にこんな感じでコミットしてました。

スクリーンショット 2016-07-01 22.43.18

2013年の手帳です。

青丸の部分が行った日でほぼ毎週水曜と土曜にコミットしています。当時、バイトしながらだったので水・土以外はバイトみたいな感じ。
アフィリエイトみたいなことやってたみたいです 笑

そして2014年。

スクリーンショット 2016-07-01 22.41.24

バイト生活とはおさらばしていて相変わらずプライドを捨てて参加しまくってます。

じゃーこれだけやってどんなことを得られたのかっていうと本当に数え切れないほどの学びを多く経験しました。もちろん失敗したことも多いですが、そもそも行動しなければその経験はできません。経験できないということは成長もできなかったわけです。

あなたが一歩を踏み出して行動するために足かせになっていることは何でしょうか?
もしそれが変なプライドだとしたら、人生は長いのでその一瞬のプライドなど小さなものです。

変わるために環境を自分で選びましょう。

ps.8月に知人の金融関係の仕事をしている友人と共同でセミナーを開催しようと思っています。日本人はお金のこと、経済についての知識が低いと言われていますがあなたはどうでしょうか?2部構成で前半は金融のこと、後半はこれからの働き方について行いたいと思います。また詳細をお知らせするので興味ある方はご参加ください。

pps.今月も赤羽会を開催します!7/30 18時〜です。参加費は3000円ほど。
ご参加申込みはこちらからお願いします。

↓↓↓

赤羽会参加申込みフォーム

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする