#86)継続している人って本当に凄いよね。やると決めたらやり抜く力の大切さ。


FROM:小松一樹

あなたはGRIT力(やり抜く力)がありますか?これをやろう!と決めた瞬間からコツコツ淡々と続ける力です。
たとえ周りから「どうせ出来っこない」「やるだけ無駄」と批判されてもめげずにブレないで続けること。

、、、中々難しいですよね。

もし毎日10年続けていることがあるとしたら本当に凄いことです。1年でも凄いと思いますよ。恐らく続けられているものって毎朝の歯磨きぐらいではないでしょうか?

先日から「GRIT やり抜く力」を読み始めました。
私が今まで出会った本の中で「金持ち父さん、貧乏父さん」に匹敵するぐらいの良書です。
人生の良書2位。

この本の中で「やり抜く力」と「才能」は別物であり、結果を出す人は「当たり前」のことばかりしている。とあります。

努力をしなければ、たとえ才能があっても宝の持ち腐れ。
努力をしなければ、もっと上達するはずのスキルもそこで頭打ち。
努力によって初めて才能はスキルになり、努力によってスキルが生かされ、さまざまなものを生み出すことができる。

本文P78引用

才能×努力=スキル

スキル×努力=達成

本文P72引用

コツコツ淡々と継続している人は恐らくそれを努力だと思っていません。
当たり前レベルまで落とし込んでいるし、そこに「楽しさ」があるから継続出来ているのでしょう。

本の中にあなたがどれだけ継続力があるのかチェックできる表があったのでご紹介します。
是非試してみてください、、、。↓

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-11-11-21

…まーーー多分やらないですよね。なのでワークショップを近々開催したいと思うので、
この本を買うよりも良かったらワークショップに参加してください。
本の内容を読むより体験する方がいいと思います。

あ、動画ならいいかもしれない。動画もありだね。

で、上京してから本音で話せた人物の一人であって、尊敬出来る存在、感性で突っ走る自分に対して理論的に根拠をしっかりと分析するタイプの佐藤直人君が先月からとあることに継続挑戦しました。

元々、この挑戦をする目的は、「どうせ自分なんて何も出来ない」などの無理だと思い込む思考ブレーキを自信によって外したり、たとえ挑戦が失敗してしまったとしてもそこで得る反省には気づきがあって弱い部分が見えればそこを解決する方法を考えられるところにあります。

興味のあること、好きなことをとりあえず30日間継続してみることをしてみては?と提案したところ佐藤氏が行ったのは、

朝活を毎日続けて発信することでした。

でもね、正直途中で諦めてしまうのではないかと思ってました。朝早く起きて会社の休日も関係なく毎日毎日続けてFacebookで発信するってそんなに簡単なことじゃないと思うんです。

もし、達成できなくても振り返りを一緒にやってあげようと思っていたのです。

、、、が。

佐藤氏、ガチで30日間やり抜く

いや、本当に凄いと思いますよ。本当に毎日毎日投稿を続けました。
(ちなみに佐藤氏が自分のことをメンターと呼んでくれてますが、僕はそんな大層な人間ではございません。嬉しいけど。)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-08-58-52 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-08-59-13 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-08-59-22 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-08-59-38 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-08-59-48 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-08-59-59 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-00-08 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-00-18 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-00-26 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-00-36 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-00-45 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-00-56 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-01-04 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-01-14 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-01-22 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-01-31 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-01-37 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-01-45 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-01-52 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-02-01 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-02-09 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-02-17 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-02-24 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-02-31 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-02-48 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-02-57 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-03-07 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-03-14 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-03-25 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-09-03-32

ね。凄いよね。半端ない。
ひねくれた感情を抱えた人はやってから言わないとね。

自分も本当に見習わなくては。

佐藤くん、達成おめでとう。
活動していく中で多くの気づきを発見して、今後も継続していくそうです。
中々継続出来ない人に対して実体験をもとにアドバイスが出来るし、自分は見本となって証明できますよね。

継続は力なり。

PS.今年も赤羽会を開催します!今年一発目は赤羽新年会!
日程は1/28(土)の18時〜無限です。参加費は3000円程度。現在参加人数は11名ですが、まだまだ募集します^^

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-11-39-06

興味ある人はLINEでもFacebookでもTwitterでもDMください。

Facebook

Twitter

赤羽会って何?はコチラから

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする