#112)給与明細、ちゃんと見てる??


FROM:佐藤直人

最近、バイキングにはまっています。

チャンパ―横浜馬車道店にて

LA SALSA 横浜ワールドポーターズ店にて

シェーキーズ 横浜西口店にて
(シェイキーズだと思ってたぜ。)

色々なものを一度に食べれるのが魅力的。
何を食べようか迷う必要がない。
すべて食べればいいのだから。

 

ただ、オールジャンルの料理を扱っているバイキングはあまりおすすめしません。なんか、その道のプロって感じがしません。(色々なメニュー扱ってるラーメン屋もなんか信用できない)

タイ料理ならタイ料理しか扱ってないバイキング。
スペイン料理ならスペイン料理しか扱ってないバイキング。
ピザならピザしか扱ってないバイキング。

 

そういう専門性の高いバイキングは美味しいですね。
(専門性が高くても、カレーだけはどのジャンルでもあるイメージ)

ん・・・?
バイキングとビュッフェの違いってなんだ??

ということで、調べてみました。

コース料理とは異なり、並んだ料理から好きなものを取って食べる形式・食べ放題のことを、「ビュッフェ(スタイル)」や「バイキング(料理)」と言うが、ビュッフェは食べ放題とは限らず、バイキングは使われる地域が限定される。

ビュッフェは、フランス語の「buffet」からで、元々は、立食形式の食事・食卓を意味し、列車内や劇場などの簡易食堂を指した。
そこから、セルフサービスで食べる食事も意味するようになった言葉で、ビュッフェは「立食の食事」「セルフ方式の食事」という意味が中心にあり、そのような形式が結果的に食べ放題に繋がるというだけで、バイキングのように食べ放題とは限らない。
また、ビュッフェには、食器棚や配膳台などの意味もあり、使用場面・場所によって意味が異なる。

バイキングは、1958年に帝国ホテルのレストランが、好みの料理を自由に選んで食べるスカンジナビアの伝統料理「スモーガスボード」の様式を取り入れた際、「インペリアル・バイキング」と名付け、この食事スタイルが人気を博したことから、「食べ放題」と言えば「バイキング」として広まった。
食べ放題の意味で「バイキング(Viking)」というのは、日本のみで通じる表現で、海外ではハワイ・韓国などの日本人を対象とした一部の店に限られる。

現在では、日本でも「バイキング」と呼ぶ人が減り、並んだ料理から好きなものを選んで食べるという意味では「ビュッフェ」、一定の時間内に好きなだけ食べるという意味では「食べ放題」と表現することが多くなっている。

(引用:違いが分かる事典 「ビュッフェ」と「バイキング」の違い)

バイキングって日本でしか使わないんですねー。
「バイキング」って呼ぶ人減ってるんだ。。。自分少数派です。
危うく海外で「バイキング」って連呼するところでした。
海外に行く予定もないけど。

 

 

 

 

 

 

すみません。余談が長くなりました。

さて、今回は「給与明細、ちゃんと見てる??」ということで、皆さんどうですか?
給与明細、ちゃんと見てます?

手取り額を見て終わってません?
「こんなに残業してるのに、給料こんだけかよっ!」とか嘆いていませんか??
「厚生年金保険って・・・なに?」なんて思っていませんか?

給与明細をちゃんと見てみると、意外と知らない情報が多いことに気づかされます。
自分がもらっているお給料から勝手に差し引かれている多額の金額が何に使われているのかも分からずにいることは、危険でもあり、恥ずかしいことでもあります。

今回は知ってて損はない給与明細の見方を紹介します!!

給与明細の構成

給与明細は大きく分けて、4つの項目で構成されています。

□勤怠:勤務日数、残業時間、有休などの情報が記載されています。
□支給:基本給や手当など、支給されるお金について記載されています。
□控除:保険料や税金などの控除(差し引かれるお金)について記載されています。
□その他:毎月何か記載されることはほとんどなく、年末調整などの一時的に支給・差し引かれるお金について記載されます。

「勤怠」「支給」については、見れば理解できるものが多いのではないでしょうか?
「勤怠」で言えば、出勤日数や欠勤日数、有休取得・残日数、残業時間など
「支給」で言えば、基本給や職務手当、家族手当、住宅手当など
名目を見れば、どういった内容の支給なのかが一目で分かりますよね。

問題は「控除」ですよね。

◆健康保険料
◆厚生年金保険料
◆雇用保険料
◆介護保険料
◆所得税
◆住民税

保険の種類多!!

各保険がどんな役割を果たしているのでしょうか?
その前に・・・

そもそも「控除」って何??

こう じょ -ぢよ [1] 【控除・扣▼除】

( 名 ) スル

(計算の対象からある金額・数量などを)差し引くこと。 「収入から必要経費を-する」 「扶養-」

(引用:三省堂 大辞林)

 要するに、お給料から問答無用で差し引かれているということですよね。

では、各種保険料について。

◆健康保険料

病気やケガ等の医療費負担を軽くする保険です。

保険料の計算方法は「標準報酬月額(給料)」×「保険料率」で計算するとのこと。
半額は会社が負担しています。

ちなみに、「標準報酬月額」は4・5・6月の給料の平均金額で決定し、その年の9月から翌年の8月までの1年間が適用期間になります。
ということは、4・5・6月の給与が低ければ、健康保険料も安く済むかも。

◆厚生年金保険料

退職後、高齢になったとき、障害または死亡した場合に、本人や家族が年金を受給するための保険です。

保険料の計算方法は健康保険料と同様で「標準報酬月額(給料)」×「保険料率」で計算するとのこと。
半額は会社が負担しています。

「標準報酬月額」も健康保険料と同様で4・5・6月の給料の平均金額で決定し、その年の9月から翌年の8月までの1年間が適用期間になります。
ただし、標準報酬月額の等級数に違いがあり、判定基準は健康保険料とは異なります。
健康保険料が47等級、厚生年金保険料は30等級。

◆雇用保険料

失業した時に次の就職先が決まるまで、お金が支給される保険です。
あくまで支給の目的は、就職活動を円滑に行えるようにするためです。
ニート生活を満喫するためのものではありません。

◆介護保険料

40歳以上の人は介護保険に加入し保険料を支払います。その保険料や税金を税源とし、介護が必要な人は、費用の一部を負担するだけでさまざまな介護サービスを受けることができます。

◆所得税

所得税は名前の通り、所得に応じて課せられる税金です。

◆住民税

住民税は都道府県民税と市町村税を合わせた名称です。
住民税は2つの方法で計算された金額の合計金額を支払っています。

1つは所得割
所得という字から想像がつきますね。
所得によって変動する金額です。所得が多いほど支払う金額は増えます。

もう1つが、均等割
各市町村によって金額が異なります。
こちらは所得金額は関係ありませんのです、同じ地域に住んでれば皆同じ金額を支払います。


給与明細に載っている文言は大体こういったところですかね。途中から読むのが嫌になってしまった方もいたのでは??笑
支払っているお金がどんなものなのかお分かりいただけたでしょうか??

支払ってはいるけれど、自分自身に還元されていることが実感できるものはあまりないかもしれませんね。還元されるはずの年金ももはや僕らの時にはどうなっているんだか・・・

で、この控除にあった所得税
所得税は何によって決まるんでしたっけ??

所得によって決まるんですよね。

所得税を減らすには・・・

所得を減らすしかない!!

 

 

 

 

 

 

 

そうだ、ニートになろう。

とは、なりませんね。

 

単純に所得が減ってしまっては、生活が出来なくなってしまいます。

 

じゃあ、どうするか・・・?

 

所得控除ってやつがあるんですぜ。

 

これは単純に知らない人はしてます。
知ってる人はしてます。

 

では、所得控除について紹介します。

長いっ!!

 

バイキングのくだりもあって長くなりました。
すみません。

 

所得控除については、また今度。

来週も、見てくれよなっ!(孫悟空風)

 

おわり。

The following two tabs change content below.

SATO NAOTO

1988年5月1日 ペリー来航の地、浦賀生まれ。海洋の勉強をして、マンション関係の仕事に勤めていた水陸両用型。マンション関連の仕事を3年で辞め、ジャンルを問わず様々なキャリアを経験。現在は派遣先から熱烈なオファーを受け、サラリーマンに。一方で自分の生きた証を残すため、サラリーマン以外で自分の価値を見出すことに奮闘中。飲みやの店員さんと絡むのが大好き。

この記事をシェアする

フォローする