#10)【30代になる前に】人生計画書の作り方とその必要性とは


FROM:小松一樹

人生計画書、持ってますか?

人生計画書を作成することにより、3つのメリットがあるとお話しさせていただきました。

  1. 行動が分散されない
  2. 今日は何をしよう、と悩む時間がなくなる
  3. 仲間が見つかる

(→【ところでさー。人生計画書って持ってる?】

30歳までに人生計画書を作って行動していないと、のちの60年は希望がないということを、最近、色々な方の人生計画相談、軸の発見を手伝いや起業/兼業支援をしていく中で改めて強く感じました。

shutterstock_124392487

人生は設計図が必要

例えば家を建てる時のことを考えてみましょう。

絶対に必要になるのが「設計図」。基礎の部分はいつまでに完成させるのか、どこに柱を建てるとか、最終的に家が建つのはいつなのか、などの詳細が必要になります。

この「計画を立てて行動する」というのは人生においても非常に大切です。

なぜ30歳なのか?

人生においてキリのいい数字というのは人生のポイントになっています。例えば20歳なら成人、60歳なら還暦ですね。

30歳というポイントはその後人生を大きく左右するポイントであり、今までの実績や経験が問われてきます。

例えば、20代をなんとなく過ごし、あまり周りとコミュニケーションを取ってこなかった人が営業マンに転身していい結果が出るでしょうか。
20代の行動の結果が30代で問われるのです。

30代で問われるのは、たとえばこんなことです。

  • なにが出来るのか?
  • どんなことをしてきたのか?

20代でなにもやってこなければ、「会社からやれと言われたことをひたすらやることならできます!」ってくらいしか主張ないですよね。

「ドンドン転職をしてスキルアップをして充実した人生を送るつもりです!」

学生はよくこういったことを言いますが、完全に地に足の付いていない空論です。

転職がプラス評価になり、どんどんキャリアアップしていくようなシステムは日本にありません。むしろ転職の回数はマイナスと捉えられ、根性が無い人間、またすぐに辞めるのではないか?と思われてしまうのです。

さらに経営者の立場になって考えたとき、0から教えなければいけない人に経費はかけたくないものです。

あなたはどんな人生を送りたいですか?

次にライフプランを考えてみましょう。

人生には色々なイベントがあります。その時期を決めるのはあなたの自由ですが、ここでどのようなことを考えなければいけないのか確認してみましょう。

人生のイベントといえば代表的なのがこちらですね。

  1. 結婚
  2. 出産
  3. 育児
  4. 家を建てる・買う
  5. 自分の最後を考える(セカンドライフ)

これらのイベントで必ず必要になってくるのはやはりお金。

「世の中お金じゃないでしょ。」

なんて声が聞こえてきそうですね。もちろん、人生はお金ではありません。しかし、世の中生きていくにはお金が必要です。

自由に使えるお金のない状態でこれらのイベントを迎え、家庭は自転車操業状態になり、細々と我慢して過ごす人生を望みますか?

それとも人生の計画を立て、資産運用などさまざまなことを経験しながらゴールに向かって進む人生を望みますか?

自分の将来を真剣に考え、ぜひ人生計画書を作ってみましょう。


YouTubeでVLOGをやっています!!
 
VLOGでは日常の出来事や働き方に関するニュースに対しての自分なりの意見、偏差値40の高卒の人間が人生を変えることが出来た秘訣なんかを配信しています。
 
■VLOG⇨K×2 VLOG
 
あなたが以下のいずれかの項目に一つでも該当して解決策を探しているとしたら、僕の経験がお役に立つかもしれません。
✔︎会社員を軸足に何か新しいことに挑戦したいと思っている
✔︎会社員を軸足にやりたいことや好きなことでスモールビジネスをして観たい
✔︎自分の「やりたいこと」を見つけたい・夢中になれることを探したい
✔︎自分の才能を知ってビジネスに活かしたい
✔︎会社の人間関係に悩んでいる
✔︎自分の年収を上げたい
✔︎目標に対しての自制心コーチが欲しい
話を聞いてほしい。アイデアを聞いてほしいなど何でもお気軽にお問い合わせください。
※個人情報となる情報は厳守致します※
小松一樹についてもう少し知りたい方はSNSをチェックしてみてください^^
(Facebookは友人のみ公開しています。メッセージを添えて友人申請お願いします)
The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする