#44)ぶっちゃけあなたのこと。全てわかるんです・・・。知って得するニューロマーケティングの世界


FROM:小松一樹

某駅構内のドトールから、、

突然ですが質問です。

・マクドナルドのロゴは何色を使っていますか?

・コカコーラのロゴは何色を使っていますか?

・ルイ・ヴィトンのイメージカラーはどんな色でしょうか?

・Amazonでついつい余計なものまで買ってしまった・・・そんな経験ありませんか?

・Web上で何かの申し込みボタンの色に最も使われているのは何色でしょうか?

日常では様々なマーケティングをすることができます。
お客さんに購入してほしい企業はあの手この手を使ってお客さんにメッセージを発信しています。

購買心理の大元は変わらないとしても情報が溢れている現在では消費者の人も警戒心を強めて、意味付けがないと購入しなくなったり、より良い製品を求めるようになってきています。

でも実は、、、それが全て手に取るように理解され、あなたの購買心理が読まれ、行動(購入)するために仕組まれているとしたら、、、?今回はちょっとあなたが今後必要とするであろうマーケティングの世界です。

今回、たまたまfacebookのイベント検索サイトで募集していた脳科学マーケティングセミナーというものに興味が湧いたので参加してみました。んー。セミナー好きですね自分、、、。

今回受講してきた内容はニューロマーケティングについてです。
このニューロマーケティングって知っていますか?
誰でも知っている有名大企業や国の軍が取り入れ大きな成果を上げているマーケティング手法らしいのですが、内容を聞いていて「たしかに!」と思うことがあったので紹介します。

世の中にはこんな仕組みによって商品を買ってもらうように仕掛けていたり、それを知らず知らずにハマってしまうこと。知っているのと知らないのとでは時に無駄なお金や時間を浪費しないで済むんだ。ということを感じてもらえれば嬉しいです。

ニューロマーケティングとは、脳科学の立場から消費者の脳の反応を計測することで消費者心理や行動の仕組みを解明し、マーケティングに応用しようとする試みです。神経マーケティングとも呼ばれており、関連する分野としては、実験経済学の延長として予測や報酬について研究する神経経済学が挙げられます。
通常、消費者の意思決定プロセスはアンケート調査のように認識可能で、言葉で表現できる情報でしか捉えられていません。一方、感情の動きなどの無意識下の決定プロセスについて人は正確に語ることが出来ません。そこでこうした無意識のプロセスに迫るべく、ニューロマーケティングが注目を浴びています。

引用 JMR生活総合研究所

(うん。固い。とにかく固いです。)

簡単に言うと、脳神経科学の科学的根拠に基づいて、人の購買心理を使い、「これをやると結果が出る確率が高い・もしくはほぼ100%出ることがわかっているからやる」レベルまで落としたものって感じです。

なんとも魔法のような手法ですよね。だって消費者の心理が手に取るようにわかって、こうなることが科学的にわかっているからこれをやるだけ、、、はい成約。みたいなものです。

企業からすると調査と広告にかけるお金を最小限にして大きな結果を得ることは一番望むことだと思います。少ない労力で大きな結果を求めるのはある意味企業としてのミッションです。

例えば具体的に言うと、あなたが誰か歩いてる人を停めなければいけないとして、色だけ使っていいとしたら何色を使いますか?

、、

、、、

多分、「赤」ではないでしょうか?赤のイメージは信号機と同じ「停まれ」です。

このような話もニューロマーケティングの一部らしいのですが、詳しく説明していきます。

▶︎目次

1,人は色でイメージを持ち、行動する

2,営業マン必見!印象の作り方

3,ニューロマーケティングを取り入れて結果の出た成功事例「初代iPod」

4,どんなにいい商品でも伝わらなければ・伝える人で成果が変わる

5,まとめ

1,人は色でイメージを持ち、行動する

多くの企業にはロゴというものが存在します。
そのロゴに企業名が入っていなかったとしても、一目見た瞬間でどの会社かわかってしまう強烈なものです。

街中でそのロゴを見ただけで店内まで誘い、購入してもらう。なんてことも可能です。そのブランドイメージで重要な部分を占めているのは「色」です。

色にはそれぞれ潜在的に植え付けられたイメージというものが存在します。
先日、私もオーダーメイドスーツを新調したのですが、その時相談に乗ってくれたのはパーソナルカラーの専門家でした。

人にもその人なりの色が存在して合わない服を着てしまうと逆効果で良い印象を持たれないそうなんです。

例えば、、、

ブラック・・・フォーマル(高級感)

aasa43nex4k

レッド・・・情熱・勢い

img60723467

グリーン・・・健康的・優しさ

header_logo

ピンク・・・イベントごと

tokyo_girls_collection_logo

いかがですか?人の脳が潜在的に潜めている色へのイメージを使って企業はロゴを決めたり広告を売ったりして購入してもらうためのフックにしているんですね。

2,営業マン必見!印象の作り方

人には周りから好かれる印象を持っている人と、壁を貼られてしまう印象の人がいます。
まあそれはどんなに服装をきっちりしても、清潔にしていても感覚的に感じるもので、フィーリングってやつです。

おそらくあなたも直感的に「この人いい人そうだな」とか「この人なんだか胡散臭いな」なんて思った経験があると思います。

いわゆる生理的にムリというやつですが、まあこれはしょーがないことです。すべての人に好かれる人間なんて存在しませんからね・・・

例えば初対面なのに不思議と安心感を感じてその後の会話も終始楽しく感じることができる人もいれば出会った瞬間から心のシャッターを降ろして話は右から左に流れる、、、なんてことが実際に私にもあります。それが両者ともキチッとスーツを着ている人間だとしてもです。

出来ればいいイメージを持ってもらってスムーズな交渉に持って行きたい場合でもニューロマーケティングが活用されています。

例えば初対面の挨拶の時に用いる「名刺」。
名刺とは100%確実に受け取ってもらい見てもらうことができる広告です。

しかし名刺と聞いて想像するのが長方形のものではないでしょうか?
実は人は角ばっているものに関して警戒心を抱くそうで、ほとんどの場合が覚えてもらえません。中には家に帰ってゴミ箱にポイ!、、、なんてこともリアルにありえます。

じゃあ、どーすればいいのかというととても簡単なことで、「角を丸く落とす」ことだそうです。たったこれだけで警戒心を解き、話を聞いてもらえる状況を作り出すことができます。(ちなみに飲み屋のお姉ちゃんの名刺はみんな角が丸いそうです)
さらに名刺に価値をつけるとすれば、その名刺にお金の価値をつけること。

例えば渡した名刺を提示すると商品金額がOFFになったり、何かしら得する機能をつけることです。たったこれだけのことで成約や印象の結果が変わってしまうなんて面白いですよね。

3,ニューロマーケティングを取り入れて結果の出た成功事例「初代iPod」

ニューロマーケティングを取り入れている有名企業はたくさんありますが、あなたも恐らく一つぐらい製品を持っているだろうあの企業も取り入れています。それがAppleです。

世の中の音楽プレイヤーがCDウォークマンやMDウォークマンだった当時、Appleは革新的な音楽プレイヤーを発表しました。でも、今までの常識を超えるものが現れた時、人はどんなことを思うと思いますか?

そうです。「不気味・得体が知れない・怪しい・そんなの流行るわけない」という拒否反応です。そこでAppleはニューロマーケティングを活用してこんなCMを打ちました。

この動画は初代iPodのもので、消費者に対して使い方や利用方法を明確に伝える。つまりその商品をどのように利用すればいいのかをハッキリとさせることでイメージアップを図ったそうです。

4,どんなにいい商品でも伝わらなければ・伝える人で成果が変わる

さて、このニューロマーケティングのセミナーの参加費用は「無料」でした。
ある程度ビジネスを勉強していると無料の意味がわかり、その本質を知ることができるのですが、もちろんボランティアで情報を発信しているわけではありません。

この情報を仕入れるためにもちろん大きなお金と時間を使い、参加者に教えてくれているわけなので商品が存在します。

正直、このセミナーの内容は大満足で目からウロコの情報が聞けたり、参加者同士で触れ合いながら進めることが出来たこともあってニューロマーケティングの世界ってめっちゃ面白いじゃん!って思っていたんです。

しかし、、、私は商品を購入しませんでした。

なぜか?

登壇していただいた方が何となく直感的に嫌だったからです。
どんなにいい商品を扱っていても、どんなに将来的にプラスになりそうなことを想像させることができても、その商品を使うことによって開ける未来がイメージできても、どんなに上手いプレゼンテーションをし、会場を一体化させ、イノベーター理論(集団心理を用いて購入に至る法則)を使おうとしても、最終的に大事なところは「人」です。

確かに、ニューロマーケティングを活用して商品を購入してもらうことはできるのかもしれません。でも、私は「人」で買うか買わないかを決めるという要素も持っていました。

どれだけ小手先のテクニックや知識を使っても詰まるところ強いのは「人柄」です。そして信頼関係。その信頼関係というのはたった2時間で簡単に構築できるものではないと私は思っています。

5,まとめ

いかがでしたか?

世の中にはあなたの知らないところで購買心理に基づいて販売方法を実践され、それにちゃっかりハマって購入しているケースというのはたくさんあるんです。
朝、会社に行く時に電車の吊り広告、ビルの上に出されている企業広告なんかを見てみてはどうでしょうか?使っている色・言葉など凄く勉強になる部分で溢れていますよ。

そこに注意を向けることで毎日に少しだけプラスの気づきを得ることができます。

ps.今月も毎度おなじみ「赤羽会」を開催します!毎回20代を中心とした社会人を招待して会社の飲み会や怪しげな異業種交流会とは一味違った大人の飲み会を開催しています。
そしてゴメンナサイ!!!すでに8/15の時点で参加希望者が9名を超えているので、残り3名までとさせていただきます!

ご興味ある方はこちらの申し込みフォームからお願いします↓↓↓
「赤羽会」参加申し込みフォーム

スクリーンショット 2016-08-11 12.52.44

pps.8/28に友人の金融関係の仕事をしている方と合同で社会人向けのセミナーを開催します!内容は社会人として知らないとヤバイこれからのお金と働き方の話を中心に構築中です。

学校では絶対に教えてくれない「お金」の話や今までの経済から今後どのような経済になっていくのか?や、働き方の多様化で選択枝が増え、大企業が「副業」を解禁し始め、働き方の変革期にある現在とこれからで必要なスキルや考え方は何なのか?を元に作っています^^

会の後半で交流会も開催予定なので、人脈作りや他の人の価値観に触れてみたい人にもオススメです。
既に近しい人たちから募集を開始し、現在9名参加確定しています。

追って詳細と募集をしますのでご興味持たれた方はご参加お待ちしています。

あ、MLMや投資・宗教関係・その他商品の勧誘をされる方は固く断っていますので安心してご参加ください。

スクリーンショット 2016-07-26 20.06.32

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする