#139)【2017年度】高卒社会人小松のパラレルキャリア収支報告


FROM:小松一樹(kkbeseusa0630)

さて、2017年もあと1ヶ月で終わりですね。
今年もあっという間に終わってしまうことにちょっと歳を感じます、、、

少し早いですが、僕の2017年度の活動は終わり。しばしの冬眠に入ってゆっくり来年度について考えようと思っています。

今回は、

INDEX

1、2017年度の目標とその達成率、振り返りの反省

2、小松の2017年度パラレルキャリア収支報告

についてまとめました。

身の丈に合わせてとてもゆっくり、でも確実に一歩一歩進めるための考え方として参考にしてみてください。

一万円札で有名な福沢諭吉もこんな言葉を残していますしね↓↓↓
たとえほんの少ししか前進していないとしても、周りからバカにされたとしても目標に向かって進み続けることは凄く大事です。

およそ世の中の物事は、進歩しない者は必ず退歩する。退歩しない者は必ず進歩する。
進歩も退歩もなく、そのままのところに留まる者はありえないのが理屈である。

ー福沢諭吉

1、2017年度の目標と達成率、振り返りの反省

そもそも僕が人生計画をどんな風に捉えているかというと、二つの視点で捉えています。
本当にザックリとではあるけれど、10年間隔計画と3年間隔計画です。

時代のスピードが速いので、3年計画では追いつかない。柔軟に対応する力が大事」なんて良く聞きますが、だからこそ僕の場合はとてもブレやすい性格なので、ちゃんとスタートとゴールを設定して具体的なステップがあった方がいいんです。(でないと、「やるべきこと」と「やらないこと」が見えないし、戦略なき行動をしてしまう)

つまり山登りタイプか川下りタイプかでいうと川下りタイプです。

山登りタイプ・・・目標は山の頂上。そこに到達するために道筋を建ててストイックに一段一段階段を登っていくタイプ。

川下りタイプ・・・目標は海。現時点から状況に合わせて対応していきながら、二転三転しながらも目標に向かって進んでいくタイプ。

なんなら「こうした方が君はいいよ」と定期的にアドバイスをもらった方がちゃんと進むことができます。尊敬した人への忠誠心は結構強いです。

あなたはどうですか?

小松の人生の10年間隔計画

20代 勉強

30代 活かす

40代 得る

僕の10年間隔計画はザッとこんな感じです。(めちゃくちゃアバウト)

僕が上京する前、世界は広く、自分の人生は自分で決めることが出来て、全ては自己責任。自分の本当の気持ちに正直に生きることは悪いことではなくて、誰とどんな会話をするかで人生は大きく変わると知って衝撃を受けたのが25歳で、大袈裟に言えばそこから小松一樹の人生がスタートしたと言っても過言ではないです。

ロバートキヨサキの「金持ち父さん・貧乏父さん」に運良く最初に出会ったのもあって「無知は罪である」という考え方から未だにまだまだ世間を何も知らないけれど、色んなことを「知る」ことからスタートさせました。

26歳で上京してきて30代までに限られた年数は4年。
例えば20代前半でこのことを知った人とでは圧倒的に不利の中、自分なりに色々なことを吸収してきたことは自負しています。

知識は知っているだけでは意味がない」ので次はその知識や経験を使って活かすフェーズが今の30代です。

って考えてみるととてものんびりだけど炎だけは絶やさない感じですね。

このままではヤバいかもしれない。という自分の中で芽生えた危機感を元に、30代の目前にパラレルキャリアという働き方に興味を持ち、この働き方で生きていこうと決めたのもこの計画あってこそです。

小松の10年間隔の中の3年計画

さて、人生計画を建てる上で僕が参考にしている考え方があります。
それは何事も3STEPで考えること。(ホップ・ステップ・ジャンプ理論です)

この3STEPを具体的にご紹介すると、、、

ステップ1 種まき

    ↓

ステップ2 育成

    ↓

ステップ3 収穫

の3STEPです。

この考え方は僕が上京する前にとても刺激的で参考になったフリーランスの安藤美冬さんの著書の中で紹介されていたものです。

3年計画について書いた安藤美冬さんの本の紹介記事はこちら↓

#57)桃栗三年柿八年・石の上にも三年

僕がどれだけ安藤美冬さんが好きか情熱がわかる記事がこちら↓

#64)【TABIPPO主催】安藤美冬さんの講演会に行ってみたレポート(雑記)

ちなみに余談ですが、安藤美冬さんはもう本当に素敵な女性です。
自分の芯をしっかり持っていてガッツリ ツンツン系女子。でも優しい心を持ち合わせています。

30歳の時、正直この先どうしようか本当に悩んでいて、31歳の今年から10年の間隔の中でさらに3年計画を建てて3回転させようと考えました。

そして3年サイクルを取り入れるとこんな感じ↓

種まき→育成→収穫の3年サイクルを基本にして行動目標を建ててます。
で、今年の行動指針は「種を蒔く」でした。

達成率で言うと、正直100%ではないのが残念ですが、(と言うか100%全力で達成出来た年なんてないけど。)60%ぐらいかな?って思ってます。

それは先日1冊書き終えた日記を見返したときに、最初に書いていた望んでいたことが結構叶っていたり、次の年に繋がりそうな種を蒔くことが出来ていたからです。

2、小松の2017年パラレルキャリア収支報告

さて、色々自分の中で試してみたり、検証して反応をチェックしてみたりすることに集中した2017年の小松のパラレルキャリア収支は以下です。(交通費や打ち合わせのお茶代や細かいのは端折って大体で出してます。)

少なーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
パパさんの小遣いより遥かに少ない。

ということで必然的に来年度の目標は前年比20%増の¥22,800頑張ります。

と言うとなんかギラギラして嫌いなので、来年の行動指針である「種の育成」をコツコツ楽しみながらやっていきたいものです。



YouTubeでVLOGをやっています!!
 
VLOGでは日常の出来事や働き方に関するニュースに対しての自分なりの意見、偏差値40の高卒の人間が人生を変えることが出来た秘訣なんかを配信しています。
 
■VLOG⇨K×2 VLOG

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする