#32)知り合いの40代に言われた実は20代の10年て凄く大事なの小松知ってるか?っていうお金の話


FROM:小松一樹

世田谷の某コインランドリーより、、

人生の先輩に学ぶことは多いです。実際しょーもない人もいるけれど、自分の経験したことのない世界を既に経験している話というのは結構タメになったりするんですよね。

私は同世代の友達がぶっちゃけいません。
先輩とつるむことが多くて完全縦社会の中で生きてきて人との接し方や振る舞いを学んできたのである意味今の土台を作ってくれたんだと思います。

で、今日は自分より10歳上で知らない世界を経験し結果を出している人から聞いたお金の話です。またお金の話か、、、そう思ったあなたこそ真剣に何も考えていないのではないでしょうか?

何も考えてない奴って将来どうするんだろうね。FROM40代の言葉

私の知り合いに資産運用で結果を出している人がいます。
正直わたしも資産運用は大事だよねーって発信しながらも最近になってようやく行動し始めたレベルのなので特に目立った成績でもないし今は結構その人の話をよく聞いています。

その人は結構ズバズバ言うタイプで、心が折れそうになるぐらいガンガン刺してくるんだけどまあ実際に結果を出しているので何も言い返せないわけです、、、。

その人は毎回同じことを言うんです。

・自分で稼ぐ方法を考えろ

・将来のためにお金を運用する力を手に入れろ

・少額から運用力を鍛えろ

・話す人を選べ

・少額でいいから誰かの為にお金を使え

・自分にあったやり方を知れ

・世の中の仕組みを勉強しろ

・知識と経験を積め

小松にはわかる内容だと思うから正直に言うけど20代で勝負って決まるんだよな

これは私も同感で、勝負は20代で決まると思います。

20代をどう過ごしたかでその後の人生は大きく差が開くのだと40代になって思う所があるようで、20代では本当に将来に役に立つのか?なんて疑問を抱えながらやったとして30代で結果が出なくて大抵は諦めてしまう。でも、、、40代になって振り返ってみたら20代の時に行動したやつとバカにしていた人とではやはり結果となって出るのだそうです。

その人は20代のうちに資本側に回らないとダメだと思って勉強し始め、当時は馬鹿にされたりどうせ無理だと批判されたそうですが諦めずにコツコツやっていたら結果として現れたのだそうです。つまり行動に伴った結果が綺麗に現れるんですね。

例えば地震が来る来る言って災害用備品を常備している人がどれだけいるでしょうか?
どこか他人事で実感が湧かないから行動しないんですよね。でもいざとなった時に助かる確率が上がるのはどちらでしょうか?  もちろん備えていた人ですよね。

この話は例え話ですが、40代のその人も備えて用心深い奴が最終的には生き残ると言っているのを聞いてたしかにそうだなーと思うところがありました。

これはこれまでの歴史でも証明されていて、今でも将来の為の勉強をしよう・お金を運用しようというのは昔も発信されていたんです。もちろん、後押しする時代背景もありましたが実際に行動した人はごく僅かでその人たちの多くは裕福な生活をしていたり、お金の不安がない人が多いのです。

そして、その人が何故今の結果を出せたのか率直に聞いたところ、「特別な才能なんか入らなくてとにかく実践と検証とコツコツ繰り返して継続してやったのが今の結果なんだろう」と反していたのが印象的でした。

とにかく何でもいいから一歩を踏み出したらいい。ダメなら他の方法を考えればいい。
だから諦めないでほしい、諦めたらそこで試合終了なのだから、、、

ps.結果を出すためには先ず同じ考え方の人がいる環境を選ぶことと結果の出ている人と絡むのが一番いいというのは正論だと思います。

pps.不動産をやってもいいけど自分には合わないからやらないのだそう。そういうものなのでしょうか、、

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする