#45)今の時代を生きる社会人必見!『これからの働き方』✖『お金の働かせ方』セミナー開催のお知らせ


「会社の歯車として定年まで働き続けるのか」

「自分の好きなこともできずに働き続けるのか」

「勤めている会社が倒産したら、どうしよう」

<働くこと>について、このような不安を感じたことはありませんか?
「年金って貰えるの・・・?」

「定年を迎えた後も働かなきゃいけないのかな」

「年金支給が75歳になる!?そんなに働きたくない!」

将来の<お金>について、このような不安を感じたことはありませんか?

もし、あなたがこのような不安を感じていないのであればそれは将来に約束された収入があるからだと思います。
そういったものはないにも関わらず、何も不安はないというあなた・・・ほんとに大丈夫ですか?。

生きていく上で切っても切れない
<働くこと> と <お金>

この2つの不安を解消できれば心の底から人生を楽しむことができるはず。

【働くこと】
質問です。

①あなたがやっている今の仕事は本当にあなたがやりたいことですか?

②あなたは何のために働いていますか?

あなたの答えは何ですか??
①やりたいことではありません。
②お金・生活のためです。

もし、あなたの答えがこの2つだったとしたら働く上での喜びを手にすることはできないでしょう。

しかし、今の時代、転職と言ってもすぐに仕事は見つかりません。簡単に仕事を辞めてしまってはリスクが大きすぎます。

想像してみてください。
もし、会社を辞めることなく、給料を貰いながらも、自分の好きなことでも収入を得ることができたら・・・

一度諦めてしまった「やりたいこと」、本業を軸に残したまま挑戦することができたらリスクを回避することができるのです。

これが<これからの働き方>です。

【お金のこと】
質問です。
お金の勉強をしたことはありますか?

恐らく多くの方が NO ではないでしょうか?

日本では大学を卒業したら、企業に就職して、定年まで働き続けるという流れを幼少期から教育されますが、お金についての教育はされません。

サラリーマンの生涯賃金は多くて2億5000万円と言われています。

では、貯金だけで何千万単位の貯金があり、安心して定年を迎え、余生を送ることができるでしょうか?

・・・年金がもらえなくても??

多くの方が年金をもらえることを踏まえた上で、定年時に多少お金があれば過ごすことができると考えているのではないでしょうか?
そして、足りない分は定年を迎えたあともパートで働き稼ぐ。

しかし、現在20代の人間が定年を迎える頃には年金がもらえるか分かりません。

あなたは定年を迎えた後に低賃金で働きながら余生を

過ごしたいですか?

ここに気づいて、若いうちから対策を講じるのか、定年を迎えてから気づくのでは雲泥の差です。

想像してみてください。
もし、若いうちから資産を形成し、セミリタイヤして、年金に頼ることなく生活できたら・・・

これが<これからのお金の働かせ方>です。

これからの人生を心の底から楽しむ為に必要なのは
<これからの働き方> と <お金の働かせ方>

これからの働き方を知る者
お金の働かせ方を知る者

この2人がタッグを組んで、これからの時代を生き抜く術をお伝えします!

お申し込みはコチラから!
http://urx2.nu/xQQX

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳細
・日時
2016年8月28日(日) 10:00~12:00
(12:00~12:45 懇親会)

・場所
東京都新宿区西新宿7-1-7 新宿ダイカンプラザA館416

・アクセス
JR新宿駅西口出口より徒歩2分
山手線、総武線、京王線、都営新線新宿駅より徒歩2分
大江戸線新宿西口より徒歩1分
西武新宿線 西武新宿より徒歩4分
http://stances.jp/access_venetia/

・料金
3,000円 ※懇親会代含む

・お申込方法
下記リンクよりお申込下さい。
http://urx2.nu/xQQX

※キャンセルポリシー
キャンセルの方は前日までにご登録いた
だいているLINE@『働き方創造
Labo』にてキャンセルの旨をお伝えくだ
さい。
無断キャンセルの場合、今後のイベント
参加をお断りさせていただく場合もござ
います。予めご了承ください。

※MLM、投資、保険、宗教、その他勧誘目
的の方の参加はご遠慮願います。

The following two tabs change content below.
1988年5月1日 ペリー来航の地、浦賀生まれ。海洋の勉強をして、マンション関係の仕事に勤めていた水陸両用型。マンション関連の仕事を3年で辞め、ジャンルを問わず様々なキャリアを経験。現在は派遣先から熱烈なオファーを受け、サラリーマンに。一方で自分の生きた証を残すため、サラリーマン以外で自分の価値を見出すことに奮闘中。飲みやの店員さんと絡むのが大好き。

この記事をシェアする

フォローする