#8)「やりたい」という情熱だけで夢が叶うほど世の中は甘くない


FROM:小松一樹

あんなことがしたい、こんなこともしたい。生きているとやりたいことはどんどん増えていきます。

しかし、「やりたい!」という人は世の中に溢れていますが、実際にやりたいことをやっている人は少ないですよね。

では、やりたいことがやれている人と、口だけの人とでは一体なにが違うでしょうか。

「やりたい!」に必要な計画性とは

「やりたい!」いう強い気持ちだけで夢が叶うほど、世の中は都合よく進んではくれません。

まず、考えておくべき重要なことがあります。

やりたいことをやるために必要なこと

まず人生を通してやりたいことはありますか?もし無いのであれば、まずそこを決めることから始めていきましょう。

もしあなたが計画もなく、やりたいことをただひたすらやっていたとしましょう。この状態では、少し目に見える成果はでるかもしれませんが、後々ゴールのないマラソン状態に陥ることは明白です。

自分は一体どこに向かっているのか、どこまで来たのか、あとどのくらいなのか、今後はどんなペースで走ればいいのか。自分の位置がわからなければ、どこにも向かえません。

では、やりたいことがあるという人は、なにを考える必要があるのか。いつまでに、どのくらいお金が必要で、どのようなやり方(戦略)で行動するべきか、明確に答えられるでしょうか。

事業計画書、人生計画書、人を巻き込むプレゼン力などはありますか?

やりたいことが明確でしっかりスタートとゴールを組み立て、一歩一歩コツコツ着実にこなしていける人って、実は相当少ないんです。

だからといって落ち込む必要はありません。まず、やりたいことを叶える一歩目となる方法をお伝えいたします。

まずは3点!やりたいことに近づくためのチェックシート

まず、以下の3点を考えてみましょう◎

1、あなたのやりたいこと

2、需要

3、あなたのできること

003

1、あなたのやりたいこと

とにかくやりたいことを書いてみましょう。やれるやれない、正解不正解もありません。とにかく思いつくままにどんどん書き出してみてください。

2、需要

魚のいない釣り堀に糸を垂らしても意味がないように、需要がないものに人は集まりません。

上記であげた点に関して、欲しい!と思う顧客はいるでしょうか?また、当てはまるのはどんな人でしょうか?

3、その人たちに対して自分ができること

パッと思い描くものはありましたか?

意外とないのではないでしょうか。

やりたいことはあるけど、できることがない。そう落ち込むことはありません◎

そんなときはどうすればいいのか?

実績、経験、知識、これらを身に付ければいいんです◎

「そんな実績をつけるなんて簡単なことじゃない!」と思うかもしれませんが、 実績がなければ社会では通用しません。

今までは△△大学に通っている、とか、○○会社に勤務している、というような価値が大きかったかもしれません。

しかしこれからの時代は“なにが出来るか”が第一条件になるでしょう。

「やりたい。」という情熱はもちろん必要。でもそれだけで叶ったらみんな叶っています。

じゃあ実際どんな階段を一歩一歩進んでいってゴールを目指すのか?この計画をしっかりと立てて行動することが大事です。

あなたは明確ですか?

明確でないなら、ゆっくりじっくり考えてみましょう。

もちろん、自分に出来るか出来ないかは、関係ありません。

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。