#51人が悩む大きな3つの問題


FROM:小松一樹

新宿駅西口の喫茶 ピースから、、

img_0701

(タバコ辞められないーーー!辞めるつもりもないけど、、、)

社会人生活を12年経て30歳を迎え、若輩ながら多少の人生経験を積んできたのかなと思います。そして最近、人が悩む問題は人生で3つあるのでは?と思うようになりました。

1、結婚

結婚への価値観は男女でも分かれ人それぞれであって、地方と東京でもまた違ってきます。
例えば、地方の場合男女ともに結婚の適齢期は25歳です。早い場合は23歳で結婚をします。
その後30歳頃に35年住宅ローンを組んで一軒家を構え、暮らしていくというのがセオリーです。

でも、これは東京でも同じでしょうか?おそらく違いますよね。
女性でも30歳で結婚する人もたくさんいるし、仕事を優先して活き活きと働いている人がたくさんいます。

しかし、共通する思いというのは「自分は結婚できるのだろうか?」という悩みだと思いませんか?なぜなら占いなどで質問する項目は大体、結婚・金運・健康運ですよね。
どうでしょう?あなたも思い当たる節がありませんか?

20代前半で結婚のことは頭にないと思いますが、年齢を重ねていくにつれて次第に考えるようになるのは世の常ではないでしょうか。

2、老後

2つ目の問題は老後についてです。
先日、急遽実家に帰省して感じたことを記事にしましたが、(田舎に帰って見えた現実と働き方)やはり老後のプランをしっかりと考えないと大変な目にあいます。

お金のない老後は悲惨という言葉があるように、本当に格差が出てしまいます。
私が上京してきた時に1年ほどですが、福祉用具の配送の仕事をしていた時期がありました。

ご高齢になって介護認定が下りている方のご自宅にベットや車椅子を配送して設置してあげる仕事なのですが、そこで現実を嫌というほど見てきました。

例えば同じ80歳にしてもかたや立派な広いマンションに住み、上品に暮らしている人もいれば、少ない年金生活で暮らす方、生活保護を受けてボロボロのアパートに一人住み、家の中がゴミだらけの方など本当に様々です。

予期せぬ出来事でお金のない生活になってしまった人もいるでしょうが、やはり備えて準備していた人はそれなりの結果を得るのだと思います。

3、収入

3つ目は収入です。この項目が全ての問題に繋がり、重要であって多くの人が今悩んでいる問題だと思います。

結婚をするにしても、老後を生活していくためにもお金は必要ですよね。

・もう5万円自由に使えるお金があったら、、、
・お金の不安がない生活がしたい、、、
・欲しいものを欲しい時に買えるようになりたい、、、

こう思い描く人は少なくありません。この不安を解決する方法は一昔前だったらあったんです。例えば会社で出世して年収を上げようとかですね。

しかし今、働き方が変革していて収入の取り方も様々になり、個人でも大きく稼ぐことができやすい時代になりました。
現状維持でこのまま進むのではなく、より良い生活・働き方・人生の充実を目指して活動していくぐらいの意識が当たり前の時代がもうすぐそこまで迫っているのかもしれません。
そしてベクトルを会社に向けるのでは無く、会社以外の繋がりや環境に向けてみてはいかがでしょうか?

ps.今月の赤羽会は9/17(土)18時スタートです。現在5名参加予定で、まだまだ参加者募集中なので興味を持っている方は是非ご参加お待ちしています。締め切りは9/14(水)です!

赤羽会の詳細・参加申し込みはこちらから↓↓↓

赤羽会参加申し込み

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする