#53)読んで実践してますか?「7つの習慣」の時間管理方法


FROM:小松一樹

いつもの駅構内のドトールから、、

img_0713

昨日も午前中にドトールで読書と簡単な作業をして、帰宅したんですが手を洗って鏡を見た瞬間、自分にちょっとした違和感を感じました。

なんと!!!Tシャツの表と裏を反対に着てた!!!

この状態でアイスコーヒーを飲みながらMacをカタカタしていた自分を想像するとジワジワとくる赤面感に押しつぶされそうになりました、、、。
まあ、カフェでMacカタカタなんて東京だから出来ることだし、これを田舎でやったら完全に意識高い奴で白い目で見られますからね、、、。(東京最高)

3連休どうでした?

さて、この3連休はどうでしたか?
旅行に出かけたり、友人と買い物に行ったりと充実した3連休になった人もいれば、基本的に家にずっといて、ダラダラ過ごしてしまった…って人もいるんじゃないでしょうか?

で、私の3連休ですが、毎月開催している「赤羽会」で楽しく飲む会を企画したぐらいで特に予定も無くて暇な3連休でした。
でも今回、実は意図的にOFFの日を作ってみたんです。

私は会社員として平日勤務する傍ら、パラレルキャリアとして休日の日は起業したい!社会を変えたいという志の高い学生の為のインキュベーション事業の運営をしています。もうかれこれ上京してから始めていることなので、4年ぐらいやっています。
ar%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

基本的に時間管理の上で最優先にすることはこの活動で、活動日や個人相談などを最優先に予定を組んでいました。
なので、3連休や土日の休日はほぼ確実に埋まってたんです。もちろん、自分の中でそれだけ一生懸命やってきたことなので、得られるものがとてつもなく大きなものだったんですが、少し落ち着いて、自分の時間も少し大切にしようかなと思い始めたんです。

そのキッカケが7つの習慣でした。

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-2

あなたは7つの習慣をもう読みましたか?「本はないけど、マンガで読んだことがある!」って声はよく聞きます。ベストセラーになった本で、全世界で最も売れている「自己啓発」に含まれるジャンルの本です。

1周目では正直、ところどころしかわからなくて現在2週目を読んでいますが、この本の内容を実践するのは結構難しそうだと思いませんか、、、?

あなたは本を読むだけで終わる人でしょうか?本は活かして始めてその価値が発揮されます。
もちろん、小説などは教養を身につける為にあったりしますが、ビジネス書などは基本活かしてこそです。要はインプットで終わるのではなく、アウトプットしましょうということですね。

今回は「7つの習慣といえばこれ」ってほど有名な時間管理についてです。

時間管理のマトリックス

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-14-35-34

この図はこの本の中に書かれている時間管理のマトリックスです。(本文200ページ)

なぜ、この時間管理の習慣が7つの習慣の代名詞になっているかというと、全ての習慣は紐付いていてその土台の考え方だからなんです。
第1の習慣は【主体的である】というタイトルで、人間だけに授けられた4つの能力(想像・良心・意志・自覚)に従って、「あなたは自分の人生の創造主である。あなたには責任がある」(本文192ページ)というものです。つまり簡単に言うと「あなたの人生はあなたに決める権利があるし、自由に描く力があるから自分で決断してそこに責任を持ちなさい」ってことです。

第2の習慣は【終わりを描くことから始める】というタイトルで、第一の創造、つまり知的創造を行う習慣である。(本文193ページ)
つまり、人生のゴールを描いてからどんな行動をするのかというVisionを描きなさいってことです。

(だいぶはしょってます)

で、これを実行するための土台が第3の習慣【最優先事項を優先する】で、時間管理になります。

さて、人はこの4つの領域のいずれかの時間の使い方をして生活しています。
それぞれの領域を優先するとどうなってしまうのか?を書きますので、自分の時間の使い方はどうかな?と想像しながら考えてみてください。

まず、この二つの質問に答えてみてください。この質問の答えが第3の習慣を取り組むにあたって重要な要素になります。


質問1 現在はしていないが、もし日頃から行っていれば、あなたの私生活に大きくポジティブな結果をもたらすと思うことを一つあ挙げるとしたら、それは何だろうか?

質問2 同様に、あなたの仕事や専門分野でポジティブな結果をもたらうと思うことを一つ挙げるとしたら、それは何だろうか?


この習慣の言いたいことを先に言ってしまいますが、(えーーー!)大切なことは第2領域の時間をたくさん作りましょうということです。でもこれは簡単に出来ません。流されて生活しているだけでは絶対に不可能なことなんです。なぜなら、緊急ではないが重要なことをするには、率先力と主体性がいる。機会をとらえたり、物事を実現させたりするには、能動的に動くことが必要(本文201ページ)だからです。

つまり、流されて生活するのではなく、自分の能力向上や他人との信頼関係を構築する活動(自分にとってどんな人とつるめばいいのか)をしましょうと言うことですね。

4つの領域の結果から見た配分を考えてみてください。
ちなみに自分は第2の領域の活動が圧倒的に少なく、第1と第3の領域のバランスが多かったことに気づき、意図的に第2領域の時間を意識しています。

結果、リラックスしながら時間に追われることもなく、読書をしたり、ブログに記事を書いたり、プレゼン資料を作成したりと良い時間の使い方が出来たなと満足感があります。

あなたはどうですか?↓↓↓

第1領域のバランスが多い人

結果:
・ストレスが溜まる
・燃え尽きる
・危機管理が大変
・火消しに奔走する

第3領域のバランスが多い人

結果:
・短期的な視野に陥る
・危機管理が大変
・八方美人に見られる
・目標や計画を無意味に感じる
・周りに振り回され、被害者意識を強くする
・人間関係が浅くなり、壊れることもある

第3と4領域のバランスが多い人

結果:
・無責任な生き方
・仕事を解雇される
・他者や社会に依存して生きる

まとめ

いかがでしたか?時間管理というのはパラレルキャリアを実践する上でとても重要な能力になります。社会人として考えてもこの能力は必要ですよね。
最後に時間管理をするための土台となる考えをご紹介したいと思います。
第2領域を意識して生活してみてください。

大切なことは、スケジュールに優先順位をつけることではなく、優先すべきことをスケジュールにすることなのである。   7つの習慣 著者 スティーブン・R・コヴィー

ps.最近、今更ながらTwitterにハマっています。普段の小松を発信していますので暇つぶしに良かったらフォローお願いします^^   リンクはこちら→Twitter

pps.現在、企画段階ですが、パラレルキャリアをしている人を世の中に発信できるようなメディア構築を計画中です。また詳細や募集を載せるので覗いてみてください^^

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする