#66)強みを磨き続けること


FROM:小松一樹

先日、愛読しているザ・レスポンス(社長・マーケター・セールスライター向けのブログ)の記事に「強み」について書いてあるものがあり、とても共感しました。
良かった記事はコチラ→【不安】いつまでこの仕事続けられるかな…

2013年から今まで、学生の方を対象に自分のやりたいこと・自分軸を見つけるお手伝いをさせていただいていましたが、みんなこの質問に悩んでいました。それは、、、


あなたの強みは何ですか?


強み…。自分の弱みはドンドン出てくるのに強みとなると出てこないものです。
正直、学生にこの質問はハードルが高いかもしれません。
しかし、社会人経験を積んだあなたなら強みの一つや二つはあるでしょう。それを仕事に活かしている人もいると思います。

でも、この質問にもしかしたらあなたは「自分には強みなんてない」と思うかもしれません。
ぶっちゃけて言いますが、永遠に誰にも負けない「強み」なんて存在しません。
そして、全ての人に必ず「強み」は存在し、作り上げていくことも出来ます。

ただ単純に「まだ」見つかっていないだけです。

会社員を軸に働きながら個人でスモールビジネスを持つ場合、この「強み」を考えるのはとても重要な要素になります。
何故なら、ビジネスとは原理原則的にお客様に価値を提供し、笑顔になってもらい、代価を貰いさらに多くの人へ価値を提供することの繰り返しですが、弱みを強みでカバーしてあげることとも言えるからです。

会社員以外の活動でビジネスをしてみたいなーと考えている方なら必ず「相手」が存在します。では、その「相手」はどんな人でしょうか?どんなところに「弱み」を持っているでしょうか?それをもしあなたが解決出来るとしたらそれは一つの「強み」になります。

つまり…「強み」を考えるときに大事なのは「誰に対しての強みなのか」ということです。

周りと比べすぎていませんか?

強み」というのは「これが自分の強みだ!発見!」という風に決定的に見つかるものではなく、行動したり人から褒められたりするときにボンヤリと「これって強みになるのかな?」と見えてくるものです。

あなた以外の人から毎回のように褒められたり尊敬されることは信憑性が高く本当の「強み」です。

それを知らずによく陥ってしまうのが周りと比べすぎるということ。
世の中上には上がいるので周りと比べたらキリがありません。もしかしたら…と気づいても、いや、周りの人の方がもっと凄いし…と諦めてしまってはせっかく起きた小さな火種も消えてしまいます。

必ずあなたにしか築けないポジションが存在し、時には最強のプロよりも相手より少しレベルの高いあなたの方が響く場合もあります。何故なら、相手の気持ちを理解しやすく近いのはあなたの方で立場に立った提供の仕方が出来るからです。

これが先ほど書いた「誰に対しての強みなのか」ということです。

ちょっと想像してみてください。
あなたの「強み」がプレゼンテーションだったとします。プレゼンするたびに周りから「凄くわかりやすい」「資料が見やすい」「プレゼンの手順を教えて欲しい」と言われる状況です。

これは誰に対しての「強み」でしょうか?プレゼンは一通り出来るけどさらにレベルアップしたい人に対してのものでしょうか?それとも、プレゼンが下手でうまくなりたいと思っている人への「強み」でしょうか? 後者ですよね。

つまりこれは「プレゼンが下手でうまくなりたい人へ自分がカバーできる強み」となります。

強みを掛け合わせる

これは著書「会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術」の中で安藤美冬さんが書かれていた内容ですが、一つの強みで勝負出来なくても他の強みと掛け合わせオンリーワンになることで可能性を広げることが出来るというものです。

具体的な例は様々だと思いますが、あなたなりに分析してみて出た「強み」(周りからよく言われること)を並べてみて掛け合わせてみてください。そうすることで新たな発見があるかもしれませんし、それに自信を持っていいと思います。

大事なのは磨き続けること

もし、あなたの「強み」が見えてきたなら是非それを磨き続けてください。
その「強み」を活かしてマネタイズしてみよう!と考えるのはいいことですが、ドンドン周りが磨いている状態の中でその地点で立ち止まっていてはいずれ埋もれてしまいます。
磨き続けることが出来るのはそれが「楽しい」からであって、それを活かす「相手」がいるのなら相手の笑顔を見るのが嬉しいからであってほしいと思います。

でもどうやって磨くの?

強み」を磨くというのは抽象度が高くわかりにくかもしれません。感覚的なことで磨き方に正解はありません。

でも一つ、私がやってきたこと・教えた学生が大きく成長した要因というの存在するので参考にしてみてください。
それは自主的に自分の意思で「強み」を活かして行動してみること。言い換えると「経験値を貯める」ことです。発見してもそこで立ち止まっているだけでは一向に磨くことは出来ません。海の石が荒波の中で転がり段々綺麗な丸の形になっていくように、困難だと思っても挑んでみる自主性はとても大事です。

行動することによって自分に足りないものが見えてきます。その問題が出たらまずは出来てる人を真似てみること。それはお金を払ってでも磨く価値があります。

学生でも自主的にやっているので社会人のあなたもきっと出来ますよね。
下からの脅威で居場所を取られないように頑張りましょう。


▶︎Twitterでコソコソ思ったことを呟いてます

Twitter→コチラから

▶︎毎月一回東京の赤羽で社会人同士で飲む「赤羽会」という飲み会を主催しています。募集情報などの問い合わせはコチラから

▶︎赤羽会の詳細はコチラから


The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする