#120)アップデートスピードが早い時代で「ボッチ」にならないように


FROM:小松一樹

私は普段から、「働き方」や「収入格差」「教育」「キャリア」に関して情報収集をNewsPicksとTwitterでしているのですが、先日いくつか気になる記事やツイートがあったので今回ご紹介したいと思います。

総じて言えるのは、「時代が本当に変わってきているなー」ってことです。

採用される人材の変化・個人の影響力の時代になってきている

私がマーケティングに関して参考にしている方のツイートで面白いものがありました。
それがこれ↓↓↓

このツイートに登場する彼、すごいですよね。

Twitterのフォロワーが6万人でYouTubeのチャンネル登録者数が4万人近いなんて完全にYouTuberです。しかも20歳…。

でもこの数字が、、、

10分の1だとしても凄くないですか?

Twitterのフォロワーが6000人で、YouTubeの登録者数が4000人(かなり凄い)だとしたら、単純計算ですが仮に問い合わせが80件だとします。
美容室の客単価はわかりませんが、仮に一人5000円だとしたら入社した時点で40万円の売上を上げる人材ということになります。

お客さんはその「人」に集まってきています。

だって本質を言えば、どこの店でもいいし、自分が納得いくような髪型になればいいですよね。
美容室なんて乱立しまくりなので固定のお客さんを付けるのが大変だと思います。
満足してくれる人が多ければ多いほど口コミが起きやすいと思います。

個人の影響力が武器になる時代

まー誰かと戦う訳でもないので、「武器」というのはちょっと尖っていますが、もしあなたと同じ歳で同じ学歴で同じ会社を受けたとしたら、SNSを活用したり、その人のファンが多い人の方が採用される時代になってきているのかもしれません。

企業もSNS戦略について色々やっているみたいで、「商品説明の売り込み」ばかりをツイートするのではなく、「関係性」を築いたり、「親しみやすさ」を強めた情報発信をしています。

例えば、シャープのTwitterなんかが面白いです。
↓↓↓

これは誰の為に向けたツイートなのでしょうか、、、(笑)
いいねの数とリツイートの数が凄い、、、。

時代はものすごいスピードでアップデートされている

最近、「労働問題」についても大きく記事が取り上げれらていました。
残業代の未払い問題です。ここに来るまで多くの人の労働犠牲を払ってきた歴史がありますが、とてもいい流れになってきています。

音楽業界のエイベックスが未払い残業を調査して、対象者には支払ういう記事です。
↓↓↓
https://newspicks.com/news/2219783/

エンタメ業界は就業時間の枠組みで考えるのが難しいと思いますが、その分残業時間とプライベートの時間が曖昧になり、支払われるべき残業も明確になっていなかったのかもしれませんね。

最近、「働き方改革」と称して残業代の未払い問題に注目が集まるようになってきました。
払うべき残業代はしっかりと払うという流れに世の中が変わってきているので、サービス残業などは減少していくのかもしれません。

労働させているのに残業代は払わない企業は労基署への申告で調査対象になってしまいますからね。

個人ビジネスでも影響力・ファン・情報発信が重要な時代に

これだけ時代の変化のスピードが早くなってきているので、追いついていくにも大変になってきました。

でも大変だからという理由で「何もしない」のではドンドン取り残されてしまいます。
「なんとかなる」という考えが全く通用しない今、例えば残業問題で残業しないと生活できない、、、。と悩むのではなく、残業しなくても生活できるようにするにはどうすればいいのか?

など、前向きに成長することを個々が真剣に考えなければいけないのかもしれません。
地方と都内の収入格差は前から話が上がっていますが、今では都内の中でも収入格差が生じているらしく、あなたは自分の気持ちに正直に答えた時、どちらの世界にいたいでしょうか?

自分自身で人生の選択をする為にも、情報収集して行動するべきかもしれません。

↓↓↓

東京23区の所得格差拡大 港区1100万円、足立の3倍。

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする