#130)パラレルキャリアをするならマイクレド(MY CREDO)を持とう


FROM:小松一樹 @kkbaseusa0630

暑いですねーーー!!最近の休日は短パンにサンダル姿で近くの喫茶店の避暑地に避難しています。作業する時のBGMは無料で音楽が聞けるSound Cloudというサイトがオススメです。

Sound Cloud

さて、今回はクレド(CREDO)の話です。
クレド(CREDO)とは「信条」「志」「約束」を意味します。まあ、クレドと言われてもほとんどの人は自分自身のクレドなんて掲げていないかもしれません。初めて聞いたって人の方が圧倒的に多いと思います。

クレドで有名なのはリッツ・カールトンホテルの話しで、スタッフが常時携帯しているクレドカードなるものの重要性です。カードの始めには、

「リッツ・カールトン・ホテルはお客様への心のこもったおもてなしと快適さを提供することをもっとも大切な使命と心得ています」

で始まる基本的な接客手順、12の行動指針が書かれていて、スタッフがいつでもそれを読み返せる状態にし、スタッフ自身も自らの意思で読み返す教育が徹底されているのだそうです。

普通に働いているのならあなたの会社にもこのクレドがあるかわかりませんが、それを徹底するだけでもいいかもしれません。でももし、会社員を軸足として2枚目の名刺を持つという最近の働き方(パラレルキャリア)をするのなら、このクレドは必要不可欠です。

なぜなら、、、

あなた自身の軸がしっかりしているからこそのパラレルキャリア

パラレルキャリアという働き方は、現在あなたが勤めている会社以外の仕事を持つことや、非営利活動に参加するなど、積極的な働き方を指します。

働き方改革が叫ばれている今の日本では複業という言葉が一般的に使われますが、まだまだ認知度が低く、自己紹介で「パラレルキャリアをしています」と話しても「?」が付くかもしれません。

国としてはどうかというと、厚生労働省が発表したこれからの日本の働き方に関する報告書の中で、一つの会社に依存するのではなく、パラレルに働くようにしましょうと推奨する文言を載せています。(が、未だに企業側の理解は進んでいません)

以前に厚生労働省の報告書を要点だけまとめた記事を書いたので良かったら読んでみみてください。
【これからどんな働き方に変わるの?厚生労働省発表!「働き方の未来2035報告書」を要点だけまとめてみた】

パラレルキャリアはビジネス目的に限らず、ライフスタイルの充実や、自身のキャリアアップ、社外の繋がりを自分から積極的に作ることで世界観を広めることなど大きく含めます。
また、お金を得る活動の場合、副業と違うところは自分の好きなことややりたいことを自分の力でお金に変えるという点です。

会社外でエネルギーを使うには自分の軸が必要

エネルギーの源は「情熱」です。

車で例えるならガソリンのようなもの。足りなくなってしまうと車は走ることができませんよね。情熱から来るパワーを使ってやりたいことを実現していくわけですが、そもそも「なぜ」「誰に」「どんなことをしたいのか」ぐらいの方向性が固まっていないと走れないものです。

つまり目的地はしっかりと決めてからスタートしましょうということ。
その目的地に到達するための手段はたくさんあるわけで、何を優先するかによっても変わってきます。(例えばスピードなのか規模感なのかなど)

あれこれ準備をするよりも、見切り発車して(例えば名刺を作ってしまって配るとか)修正していくやり方の方が案外うまくいくのですが、それでも自分の軸が無いと流されてしまうことがあります。

夢中になれること・好きなこと・得意なこと・自分が思う社会に対する問題意識をある程度掘り出したら、、、

MY CREDO(マイクレド)を考えよう

↑これは僕が2014年頃に書いたMY CREDです。

最近、このCREDOが書かれている人生計画書を見返してみたのですが、そこに書かれていることからやはり本質はブレていないことを再認識しました。

僕が繰り返し言っているのは、人生を楽しくするための要素の一つは人間関係であって、CREDOの中に書かれている【9 人の嫌なところを探すのではなく、いいところを探す】【13陰口は最大の悪】というのは自分の中でそれをしない、意識するという約束になっています。

まあ完璧な人間はいないし、僕もダメダメなところがたくさんありすぎるので自分との約束を守れない部分ももちろんあります。

誰のためのCREDOなのか?

パラレルキャリアとしてビジネスをするにしても非営利活動をするにしても、必ずあなた以外の「誰」が存在します。あなたがするのは誰かの為の活動だからです。

それならば、相手を想う気持ちは忘れてはいけませんよね。
自分よがりになってしまったり、利益追及に走ってしまったりしてしまうのではなく、自分との約束を常に忘れないようにしたいものです。

誰かのために何かをするというのは、必ず「キッカケ」があるはずです。
あなたの中に問題意識が芽生えた「キッカケ」です。

冒頭に登場したリッツ・カールトンホテルの話はお客様第一主義で、お客様が喜んでもらう為の全ての行動に気を配り、最高のサービスを提供すると誓うことをしています。

あなたはパラレルキャリアを通じて誰に対してどんなことをしたいですか?
そしてそれを達成するためにどんな約束を守りますか?
あなたの中にしっかりとした軸を持って発信したり、考えを伝えたりすることが大事です。

MY CREDOを掲げてみましょう^^

ps.VIOGの下準備が着々と進んでいます。僕の場合、文章で何かを伝えるよりも、動画などで発信した方が響くのだそうです。舞台を用意してもらってそこに立って話すだけで人を巻き込む才能のようです。中々会えない存在になるほど価値が高まるそうで、、、。その代わりフォローや数字管理などの細かい作業は全く向いていないんですけどね、、、。


あなたが以下のいずれかの項目に一つでも該当して解決策を探しているとしたら、僕の経験がお役に立つかもしれません。

✔︎会社員を軸足に何か新しいことに挑戦したいと思っている
✔︎会社員を軸足にやりたいことや好きなことでスモールビジネスをして観たい
✔︎自分の「やりたいこと」を見つけたい・夢中になれることを探したい
✔︎自分の才能を知ってビジネスに活かしたい
✔︎会社の人間関係に悩んでいる
✔︎自分の年収を上げたい
✔︎目標に対しての自制心コーチが欲しい

話を聞いてほしい。アイデアを聞いてほしいなど何でもお気軽にお問い合わせください。

※個人情報となる情報は厳守致します※

小松一樹についてもう少し知りたい方はSNSをチェックしてみてください^^

→Twitter https://twitter.com/kkbaseusa0630

→Facebook https://www.facebook.com/kazuki.komatsu.3

(Facebookは友人のみ公開しています。メッセージを添えて友人申請お願いします)

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする