#138)まあ、自分は大丈夫。ーそうあぐらをかいていると困ったことになるかもしれません。


FROM:小松一樹(@kkbese0630

リンク→みずほFG、今後10年間で1.9万人削減を検討

先日のこの記事を読んだ方も多いと思います。

一つの企業に勤めるだけ、収入の柱が1本だけではリスクであり、大手だから大丈夫、いい企業だから大丈夫という過去の神話や人生の成功パターンが崩壊したと言われてかなり経つと思いますが、現実社会ではどこか上の空という方も多いのではないでしょうか?

誰だって自分は大丈夫とどこか心の中で思い、日々の生活をしている方が圧倒的に多いわけです。
本気でヤバいかもしれないという人は行動するし、もしかしたヤバいかもな、、、と感じている人は何かしらアクションを起こしています。

さて、あなたはどんなアクションをしていますか?

この記事が出たことで、ついにこれまで叫ばれていた複業時代、パラレルキャリア時代、自分自身でお金を生み出すのが当たり前の時代へと突入していることが決定打となった。と僕は思いました。

リアルな情報は誰も教えてくれない。自分で取りに行け!

複業や収入の柱を増やす方法はネットで検索すればいくらでも出て来ます。
でも大事なことは土台となる考え方の部分です。

これはリアル(現実社会)で触れることによって自分の中に落とし込み納得することによって根ずくものです。

会社員がいきなりその世界に放り出されても「何をすればいいのかわからない」状態になってしまうのは仕方のないことで、受動的であることも関係しています。

情報は人から人に伝わるものなので、あなたの目的に沿った情報を手に入れる為には是非自分で行動することをオススメします。
セミナーに参加してみるでも勉強会に参加するでも僕はいいと思います。

今まで参加したことが無いことに挑戦してみる小さな一歩はとても大事な一歩ですよ。

どんな状況になっても負けない。問題は問題になる前に潰しておく。

この考え方は大事だと思います。

YouTubeでVLOGをやっています!!
 
VLOGでは日常の出来事や働き方に関するニュースに対しての自分なりの意見、偏差値40の高卒の人間が人生を変えることが出来た秘訣なんかを配信しています。
 
■VLOG⇨K×2 VLOG

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする