何が必要で、何が不要なのか?SNSでの繋がりすぎは疲れる


FROM:小松一樹(@kkbaseusa0630)←Twitterフォローしてね!

2018年も残すところ50日、以前こんなツイートをしたようにそろそろ行動していこうかな。なんて緩く思っています。

これは僕の経験則ですが、何か行動しようとした時、必要なものは持ち不要なものはスパッと捨てると成功しやすいような気がしていて、実際これまでを振り返ってみてもそうだったのでSNS断捨離について書こうと思います。

お金はあればあった方がいい。目的遂行への雑念となる物はなるべく無い方がいい

例えば僕が上京しようと思った時、持っていったものは貯金の200万円だけでした。

・仕事も辞め

・地元の付き合いも辞め

・親や親戚の目を割り切り

自分の人生だけに集中するように努めたんです。ビジネス的に言えば選択と集中、エッセンシャル思考ってとこですかね。

こうなってしまわないで、

方向性を定めて集中できる環境作りがベスト。

こんな風に書くと、「人との付き合いを捨てるのか。薄情な人間だ」なんて声が聞こえてきそうですが、僕は人にはステージが存在して、目指すステージがあるならその人達とつるむのが一番手っ取り早いことを体験してきました。なのでそれが正しいと思ってる。

昔、お世話になった経営者がよくこの話をしていて、「プロサッカー選手になりたくて草サッカーチームの人と絡むか?プロになりたければプロになりたい奴・現役のプロとつるめ。プロになるための環境に身を置け。その為の金と時間を惜しむな。」と切り捨てていたのが印象に残っています。

だから冷たいと思われてしまってもしょうがないけど、僕はその辺基本的にドライだし、嫌われてもしゃーないと思ってます。

「わかるわーっ」て人やそれでも一緒に飲んでくれる人が結局大切な人なわけですし、もちろん恩義や義理と人情も持ってるつもりですけどね。

思い返してみてどんだけSNSで繋がってんだよと

SNSで繋がる目的ってそもそも何ですか?先ず前提として楽しみたいってのがあると思うんだけど、ここ最近の僕が登録しているアカウントのタイムラインは自慢大会でした。

多分それは自分の心境のバイアス掛かってて、そう思ってしまう自分がちょっとマズイなと率直に思ったんですよね。

ってなるとこのツイートと矛盾していて葛藤があるんだけど、そもそも比べるべきなのは何も考えずに流されている人は比べろよ!って話で、既に目標に向かってアクセルを踏んでいる人は比べてもしゃーないから自分に集中!ってことだなって自分の中で再認識しました。

相手が自分より遥かに上の段にいて、悔しいとか自分もそうなりたいって欲望が活力になる場合だってある。というか僕がそうだったしある意味成功法則です。

そして登録しているSNSなどを考えてみても、Twitter、Facebook、Instagram、Pinterest、LINE、Eight、YouTubeとアカウント持ちすぎているなと。

僕がFacebookを辞めた理由

そもそも情報発信したいのは【To友達】へじゃない

相変わらずのPR下手で壇上の上に立つと会場の人間を巻き込みまくる宴会部長になるパターンの人間なんですが、「そもそも誰に向けてメッセージを送りたいのか?」って考えたときに、僕の場合は友達へじゃなかったって点が一つあります。

Facebookは日記のような使い方をしている人が多くて、自分のビジネスの活動報告をよく見かけるんだけど、実際人のビジネスなんて全く興味がないわけです。(自分だけ?)

もしかしたら、活動報告を見ているうちにご紹介や仕事が生まれるのかもしれないけど、どの投稿もどうしても自慢に見えてしまう状態であったこと。

僕は「このままで自分の人生本当にいいのだろうか?と悩んでいる高卒社会人や進学ではなく、就職の道に進む予定の高校生、悪さをして高校中退してしまった子」なんかに価値を提供したいなと思っていて、友達に発信してもなー。って考えに至りました。

多くの知人より数人の飲み仲間が自分は欲しい

Facebookのアカウント交換をしていると友達の人数の多さに驚かれて「へー!凄いですね!」なんて言われたことがありますが、全然凄くないと裏では思っていて、あくまで知人が多いだけで友人ではない状態でした。

それにFacebookでも繋がっていてその他のSNSでも繋がる意味ってそんなある?ってのが率直な考えです。

解決するなら問題原因解決の「原因」の本質を潰す

そこでSNSに時間と心を消耗しちゃってるなーどうしようかな?って考えてみて、最初はFacebookを見る時間を自分で制限して毎週金曜日の夜だけチェックしようと思ったんです。

でもアカウントがあると見ちゃう。自分の意志では中々セーブが不可能なんだと思ったのでシンプルに考えることにしてみました。

消して困ることは、、、?全くないじゃんと。

次にやることは住む場所を変えること

とまあ、ここまでSNS断捨離について書きましたが、次にやるのはリアルの断捨離です。
元々形から入るタイプなので、この「住む場所を変える」というのは凄く大きな変化でプラスをもたらしてきました。

必要なものは残し、いらないと思うものはスパッと捨ててみるのは勇気がいりますが、好転させる秘訣ですよ。

The following two tabs change content below.
1986年06月30日生まれ。静岡県御殿場市出身。 8年間の会社人間生活(社畜)と転職5回、受ける会社は90%内定獲得の経験を活かして会社員を軸足に転職支援やパラレルキャリア支援の仕事をしています。 枠を取っ払い常識に革命を起こすという理念を掲げ、「家でも会社でもない第3の場所があれば人生は劇的に楽しくなる」という考え方の元「働き方」に関する活動をしています。 車のことが引くぐらい好き。

この記事をシェアする

フォローする